おはようございます!今日はいい天気です。

「お客様は商品、サービスでなく価値を買う」

こう書くと、そんなこと知ってるよという声が聞こえてきそうですが
ホントに「あなたの顧客は、あなたに自分のことを
理解していると感じていますか?」

このことは、分かっているようで、忘れがちのような気がします。
最初のうちは、お客様のために、お客様視線でと考えていても
少し経つと、マーケティングやコピー、製品、イノベーション、成約率
に頭の大半がいってしまいます。

お客様が欲しいものはイノベーションですか?成約率ですか?
マーケテイングでしょうか?上手なコピーライテイングでしょうか?
どれも違いますよね。

お客様が欲しいものは、価値があるものです
例えば、エステに通っている人は、別にエステに通いたいわけではないですよね。
エステに行くことによっていいスタイルになって、今まで着れなかった服が着れて
友達から、彼氏から「素敵だね」って言われている
ルンルン気分の未来を買うんですね。


家族で食事に行くときも、もちろん美味しい食べ物を食べたいというのもありますが
いい雰囲気で感じのいいスタッフが居るところで
家族の楽しい会話が弾み、帰る車の中で
「今日は楽しかったね」を買うんです。

「お客様は商品、サービスでなく価値を買う」です。
これが見えていないと間違った方向に一生懸命に力を注ぎます。
お金儲けだけに気持ちがいけば、結果は目に見えています。

それでは、どうして多くの人達がこの大事なことを忘れてしまうのでしょうか
・本当に大事だと思っていない
・顧客を知ることの作業が大変だと思っている。
・顧客目線という考え方が浅い。
などが考えられます。

これらのことをもっと深堀して考えていかないと
お客様の本当の価値は理解できないです。

僕自身もまだまだですが、毎日意識をして
この言葉の根底にあるものを探っていきます。
「お客様は商品、サービスでなく価値を買う」!!!

それでは また

 

以前、営業会社に勤めていた時に、部下が帰ってくると
その時の表情でだいたい仕事をちゃんとこなしたきたかどうかが
わかります。

本人だけでしょうね、「今日は頑張ったんだけどなあ」とか
「一生懸命やったんですけどダメでした」とか言っていますが・・・・・

こういうことを繰り返していると最近の脳科学では
知らない間に自尊心を下げてしまいます。

上司は騙せても自分自身は騙せません。何回も繰り返しているうちに
自分に「俺は嘘つきだ」「俺はだめなやつだ」と脳に刷り込んでしまいます。
すると高いレベルの仕事ができなくなります。
だって自分でレベルを下げてしまっているからです。

それだったら最初から今日〇〇円以上契約とったら
一時間休憩させてくださいと上司に言っておいたほうがまだいいです。

日報を見てもどれだけ一生懸命やったかが伝わってきますね。
顔つきも違います。

嘘をつくために一生懸命頭を使うのなら、どうやったら売れるようになるか
真剣に考えたほうがどれだけ中身の濃い人生になるか
自分の成長にフォーカスしたいものです。

僕も20代の頃、昼の時間に8件の契約を取り、そのあと
夏の高校野球を見に行ってしまったことがありますが
若気の至りということで許してください。(笑

今日は暖かくなりそうですね
それでは また

 

映画「それでも夜は明ける」を見てきました。

======================================================================
1841年、南北戦争によって奴隷制度が廃止される前のニューヨーク。黒人音楽家ソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、家族とともに幸せな生活を送っていた。だがある日、ふたりの白人の裏切りにより、彼は拉致され、"奴隷"としてニューオーリンズの地へ売られてしまう。そこでソロモンを待っていたのは、狂信的な選民主義者エップス(マイケル・ファスベンダー)ら白人たちによる容赦ない差別と暴力だった。虐げられながらも、決して"尊厳"を失わないことを心に誓うソロモンだが、そのまま12年の月日が流れていく。
======================================================================

 

この映画を見ながらずーっと考えていたことが [#t4b6c50d]
日本にも奴隷制度があるんではないか、惰性で生きている人
ボーっとしている人、三無主義の人(無気力、無関心、無責任、
これに無感動を加え四無主義という)たち。

僕自身も20代前半はただ漠然と自分自身のために働いていた。
30代になってある会社に入ってから転機がきました。

部下を持たして頂いてから、自分のことも大事だが
部下のことも大事になってきました。その大事な仲間たちと
目標を達成した時にハンパないやりがいと感動を受けました。

この感動に巡り会えた時から仲間と仕事をすることが
どんなに楽しく、どんなにやりがいがあるか気づきました。

いま、日本に居ながら奴隷のように毎日を過ごしている人たちが
多いことを非常に残念に思います。映画の中の奴隷の人たちは
自分の意思では何もできない状況です。逆らえばムチが飛んできます。
下手すれば殺されます。でも、最後まで家族を思い
諦めなかった主人公は自由を手にします。
この話は実話です。

目標もなく、会社が、家庭がつまらない、
人生がつまらないという人に気づいてほしい。
最初の一歩を踏み出してみたら世界が変わります。
日本人は鎖には繋がれてはいないはずなんですが・・・・・

映画を見て、そんなことを考えていました。

それでは また

 

悪い朝礼、良い朝礼

| | コメント(0)

おはようございます
今日は青空が広がりいい天気です!

以前勤めていた会社で店舗が28店ありました。
これだけあると、各店長のカラーが朝礼に出ます。

朝礼の最初は全体朝礼ということで、電話会議で
全店舗をつなぎます。最初は部長が話をして
そのあと、各店で朝礼が行われます。

あるお店ではスタッフが女性だけだったせいか
電話会議中化粧をしていました。それを知ったとき
びっくりしました。そんな店もあるんだ。
それを許している店長もすごいな。

あるお店では、店長が長々一時間以上朝礼をしていました。
たくさんのことを伝えようとするからキリがありません。
スタッフの顔が想像できます。朝から疲れきっているんだろうな。

中には「今日も頑張りましょう」で終わる店も、完全にオザナリデスネ。

知人のパートのオバチャンの会社の朝礼もひどいもので
個人で話すような内容をみんなの前で言ってしまうそうです。

各、朝礼者が朝礼の意味を分かっていないのがほとんどです。
「朝礼は何のためにやっていますか?」って聞いてみたいですね

朝礼では今日やるべきことの確認と一人ひとりが成長するためのこと
営業会社などではスタッフのやる気を高めることも大事です。
普段から日報などを書かせている会社でしたら
その中にかなりのヒントが埋もれています。

明日は、このことについて集中して話そうとか計画が立てられます。
朝礼者の気分のはけ口ではスタッフはたまったものではありません。

もし、朝礼のことで悩んでいるのなら信頼のおける相棒に
聞いてみるのもひとつの手です。
「今日の朝礼どうだった?」みたいに、それに対して
相棒の意見に怒ってはいけません。次から意見を言わなくなります。
広い心で「いい意見をありがとう参考になったよ」ぐらい入ってあげないと。

いろいろ工夫していい関係でいたいですね。

それでは また

以前、エステの会社に勤めていたときのことですが
僕が入社したときは、マンションの3階の一室でした。

あるときから、社長が全国展開していく気持ちになり
僕たちもやってやろうじゃないか、と息巻いていました。

近県にいくつかお店が出来始め、もっと増やそうという時に
悩みの種が人材不足でした。

最初の出店では、ある程度営業経験のある幹部が出店していました。
次に出店をという時に、若い経験のあまりないスタッフしかいませんでした。

社長は、思い切って若い人たちに期待を込めて任せました。
最初は、それほど売上が上がっていませんでしたが
月の中頃から少しづつ売上が上がってきて、月末にはなんとか
目標達成ができました。

心配していた社長がポツリと「任せれば意外とやるもんだな」と
若いスタッフたちも最初は緊張はしていましたが
後半には幹部顔負けくらいの仕事をやり遂げていました。

人間は、言われたことだけやる人と、言われてもやらない人と
指示以上のことを工夫してやり遂げる人がいます。

部下のことを信頼して任せること。そして、その時一言
「思いっきりやってこい!何かあったら俺が責任取るから」
この言葉を本心から言えるかどうかです。
口先だけの幹部は、言うだけ言って、あとはケツ拭かない人いますよね。
そんな幹部に誰がついて行くか、ですね。

でも、本当に任されて仕事をやると、普段以上の力が出るもんですね。

この時、半端ないくらい感動するのは、本人だけでなく
任せた上司も同じくらい感動しますね

翌月、このお店のオープン式典が盛大に行われたのは
言うまでもありません。(この会社は目標達成をしないと祝って貰えませんでした)

それでは また